出会いをつくる企業
梅のたよりBlog

社長と社員で織りなすマーケティングやらよもやま話。

こんまりは本当だった! ときめき掃除Days

よもやま | 2016/08/03


社長の冨田です。我が子がトレンディエンジェル斎藤さんを見て「おとう」と話しかけていました。ありがとうございます。

掃除を続けた結果、余裕が生まれてきました。

お手伝いしている会社では、職場環境を整える活動を4月から続けています。仕事に不要なものを捨て、モノの置き場を決めて、その状態を毎朝15分の掃除で保つ活動をしています。

事務所から初めて、7月には倉庫の一部までカバー完了しました。

掃除を初めてよかったことがいくつかあります。

気持ちの面では、社員も私も職場を良くするための工夫をするようになり、気持ちが前向きになりました。実利的なところでは、不要なものを捨てたことでスペースができたため作業効率が高まっています。また、倉庫整理の進展とともに過剰在庫や過剰仕入も減り始めています。

私自身も、内部問題の解決に半年間奔走していましたが、掃除の進展とともに解決のメドがつき始め、営業課題にコミットできるようになりました。もちろん、社員のみなさんも同じだと思います。

当初は見た目だけでも「良い会社」の匂いを出そう! ということで、始めた職場環境の整備ですが、内実をきちんと整えていく段階に入れそうです。

まだまだ大変な時期が続いていますが、掃除の力、あなどりがたし。そんな気持ちです。

冨田 茂

プラム・イソシム合同会社 代表社員、(公財)日本生産性本部 経営開発部 客員研究員など。1児の父で鉄道好き。1979年生まれ。信州大学経済学部卒業、東京工業大学大学院社会理工学研究科修士課程修了(学術修士)。日本生産性本部を経て、ICT・マーケティング・統計技術を核とした販路開拓・調査サービスを提供するプラム・イソシムを設立。