出会いをつくる企業
梅のたよりBlog

社長と社員で織りなすマーケティングやらよもやま話。

キャッチコピーは難しくない!  売れる商品とは(8)

販促活動(一般) | 2016/09/08


こんにちは加藤です。

つい先日まで、朝から晩まで暑かったのに

朝晩は少しずつ過ごし易くなって来ました。

季節の移り変わりですので皆様、お体に気を付けて下さいね。

 

 

さて今回まで8回に渡り同じテーマでお話して来ました『キャッチコピー』のお話もいよいよ最後になります。

 

キャッチコピーの作り方に、強い言葉に弱い言葉がある事

いいキャッチを作る方法やコツなど、多方面からお話をさせて頂きました。

いいキャッチコピーを作るにはとにかく世間に溢れているキャッチコピーを目にして下さい。

そのキャッチを自分なりにアレンジして下さい。

それを繰り返すときっと自分にもいいキャッチコピーが作れると思います。

 

 

 

一番大事な事は世間の皆様に商品を知ってもらう事だと思います。

勿論、手に取れる商品だけではありません。

自分(達)が売り出したい商品を世間の方に知ってもらう最初の一歩のお手伝いに

『キャッチコピーがある』

文字通りキャッチコピーは脇役です。

決して主役にはなれません。

 

 

でも、その商品が世間の方々に愛されればキャッチコピーは人々の心に長きに渡り留まると思ってます。

皆様の心の中に心に残っているキャッチフレーズはありませんか?

私にもありますが・・・年齢がばれるので公表はさけます。。。

 

キャッチコピーは数文字~20文字程度の物です。

その限られた文字数に、商品の魅力を最大限に生み出せる魔法に似た言葉の組み合わせを楽しむ物です。

何も無い所から何かを作り出すのはとても労力が要ります。

正直とても難しいです。

 

でもそれを乗り越えた時、商品も言葉も輝くのでは?と思っております。

加藤 美香

1979年生まれ、プラム・イソシム合同会社 企画・広報担当。 都内某短大卒業後、一般企業経理課、中堅病院勤務、出産を機に退職。2児の母。 動物全般・自然が大好き、今は専ら動画で癒されている日々。 企業様へのマーケティング支援を日々勉強中。