出会いをつくる企業
梅のたよりBlog

社長と社員で織りなすマーケティングやらよもやま話。

状況によって呼び方に変化 ~マーケティング理論~ 1

販促活動(一般) | 2017/03/31


何かを狙ってます・・・

こんにちは加藤です。

昔は何処に行くにもついて回っていた子供達

今では全くついて来てくれなくなってしまいました。

 

1人での移動は楽ですが、色々恋しいです・・・・・

 

 

 

さて、今回のマーケティング理論は、初心者の方でも分かりやすくを基本としてます。

基本的な部分でもある買い手についてお話したいと思います。

マーケティングの登場人物と言えば買い手と売り手だと思います。

こちらをもう少し細かく見てみましょう。

 

 

 

ある商品をメーカーが開発します

その商品を卸売業や小売業が市場に流通させます

そして消費者が購入をする流れですね。

 

 

 

最初の卸売業には、企画担当者や開発担当者が居ます。

次の小売業には商品を仕入れるバイヤーや販売員が居ます。

この時点で広告担当者や広報担当者など、様々な人間が登場します。

 

そして最終的に最終消費者(買い手(=消費者))の手に渡りますよね。

この買い手の呼び方を変えると変わる事があるんです。

 

まず、買い手と聞くと浮かぶ事は何でしょう?

その商品の購入歴の有無を問わず全ての消費者となります。

少し表現を変えて→→『新規顧客』このような表現をするとまだ購入した事が無い消費者となります。

この層にも『買い手』になって貰いたい場合広告担当・広報担当は『新規顧客に対してのアプローチ』を検討する事になります。

 

 

この時点で対象(=ターゲット)が消費者全体から絞られます。

この作業だけで、マーケティングのターゲット絞り込みが一歩前進しましたね。

 

 

次回もこのお話をしたいと思います。

 

加藤 美香

1979年生まれ、プラム・イソシム合同会社 企画・広報担当。 都内某短大卒業後、一般企業経理課、中堅病院勤務、出産を機に退職。2児の母。 動物全般・自然が大好き、今は専ら動画で癒されている日々。 企業様へのマーケティング支援を日々勉強中。