出会いをつくる企業
梅のたよりBlog

社長と社員で織りなすマーケティングやらよもやま話。

状況によって呼び方に変化 ~マーケティング理論~ 3

販促活動(一般) | 2017/04/17


朝の温かい物は癒されます

こんばんは加藤です。

最近暖かくなってきましたね・・・。

布団から出たくありません。最近猫になりたいです。

 

 

さて、前回迄のお話で売り手と買い手のお話と、買い手の呼び方が変わるとマーケティングも変わるというお話を致しました。

 

本日はマーケティングには3つの視点があるというお話をしようと思います。

3つの視点とは

1.売り手の立場

2.買い手の立場

ここまでは通常の視点です。ここにもう一つ

3.観察者の立場 が入ります。

 

この3つ目の視点こそがマーケティングには必要だと考えます。

 

 

商品を売ろうとする自分側(1の視点)に対し消費者側(2の視点)に立ってみる。

そしてそれを第3の視点で見つめる。

単純そうに見えてこの第3の視点に立つのが難しいですね。

第1の視点で考えてたものと第2の視点に立つとそのギャップに驚きます。

そして第3の視点に立つとまた別のギャップに驚きます。

 

 

果たして自分が思い描いていたターゲット層は合ってるのか?

ターゲットへのアプローチ方法は間違えてないか?

そもそも、ターゲットは見間違えてないか?

一つ一つこのプロセスを積み上げることによってよりよりマーケティングが行われるのでは無いか?

 

この地道な作業の先にいい結果が迎えられたらと思っています。

加藤 美香

1979年生まれ、プラム・イソシム合同会社 企画・広報担当。 都内某短大卒業後、一般企業経理課、中堅病院勤務、出産を機に退職。2児の母。 動物全般・自然が大好き、今は専ら動画で癒されている日々。 企業様へのマーケティング支援を日々勉強中。