出会いをつくる企業
梅のたよりBlog

社長と社員で織りなすマーケティングやらよもやま話。

マーケティング部署のこと

よもやま | 2017/03/18


娘がガチャガチャで当てた観音菩薩立像。

社長の冨田です。某所では副社長です。

さて、その某所ですが、繊維下請け零細という清く美しい中小企業であります。

仕事は天から降る

下請けを続けていると、仕事を作る感覚が鈍くなることに気づきました。着任当初、幹部や社員の方々も、業績悪化に心を痛めていましたが、なすすべなくたたずんでおりました。

仕事は誰かから降ってくる、そんな感覚で日々が過ぎていたので、売上が下がってもどうしていいのか分からなかったようです。

マーケ担当を置く

会社として業績悪化に対応した止血が終わった後、仕事を作る人を置くことを決めました。

マーケティングを司る販売企画担当です。商品群や営業テーマに応じて、販売戦略やパンフレット・Web展開まで適宜考えてもらっています。

それまではお客様や元請けと接点のある担当者がその場で判断して営業ツールを作っていました。これらの担当にとっては、マーケティングは「できたらやる仕事」であり、結果的に「やらない」ということになっているのが現状でした。

「仕事を作る仕事」の優先順位が組織として低かったと言わざるを得ません。

計画的かつ戦略的な提案が始まる

マーケ担当を置いた結果、計画的にお客様に提案できるようになりました。

仕事をいただく先の営業展開に合わせた提案ですから、問合せや扱う案件が増え始めました。

また、お客様に対してアンテナが一本立ったことで、社員の方々のお客様、競合、価格や利益に対する感度が少し上がった気がします。

課題としては、人員の少ない中小ですのでマーケ担当社員も他の役割を掛け持ちしています。多忙になりすぎないよう経営側で配慮する必要があるのと、他の社員の営業への意識を高めていくことでしょうか。

冨田 茂

プラム・イソシム合同会社 代表社員、(公財)日本生産性本部 経営開発部 客員研究員など。1児の父で鉄道好き。1979年生まれ。信州大学経済学部卒業、東京工業大学大学院社会理工学研究科修士課程修了(学術修士)。日本生産性本部を経て、ICT・マーケティング・統計技術を核とした販路開拓・調査サービスを提供するプラム・イソシムを設立。