出会いをつくる企業
梅のたよりBlog

社長と社員で織りなすマーケティングやらよもやま話。

「Ctrl+Z」と言えば

よもやま | 2017/12/15


窓の形の素敵なOS様窓の形の素敵なOS様。社長はMac派です。

こんにちは加藤です。

12月に入るまでは年末は色々忙しいのかなと思ってましたが、お陰様で弊社も順調に忙しいです。ありがとうございます。

 

「Ctrl+Z」と言えば何か。

アンドゥ(undo)と呼ばれる機能のキーボードショートカットで、実行した操作を取り消して直前の状態に戻すもの。

のはずですよね。私もそう思っておりました。

 

日曜日のヘッドニュースに

Windows 10の「Ctrl+Z」にご用心 コピーしたファイルを編集してから押すと無警告で“完全削除”される

という何とも二度見したくなるような記事を発見しました。

実際には前々から囁かれていた事なのですが、Windows 10を利用してないので対岸の火事状態で聞き流しておりました。

よくよく読んでみるとどんな状況でも起こるわけでは無く、一定の条件で起こる事例の様です。

以下の手順を踏んだ際に発生します。

 

  1. ファイルをコピーする
  2. コピーしたファイルを編集する
  3. 編集したファイルを上書き保存して終了する
  4. エクスプローラ上で「Ctrl+Z」をする
  5. 編集したファイルが消える

 

例えばテキストファイルをコピーし、コピーした方のテキストファイルで原稿を書いていた場合、Ctrl+Zを押すと、それまで書いていた原稿が完全削除されてしまうことになります。恐ろしい話です。。。

 

 

万が一消去してもCtrl+Yで元に戻るのでは?

と思った方も居ると思います、私も同じ事を考えました。しかしながら、読み進んでみるとそうはいかないようです。

確かに消去したデーターの復元は可能ではありますが、編集前の状態に戻ってしまうそうです。

これではそれまでの作業の意味が無い・・・。

 

 

 

この機能は継続されるのか

実際にマイクロソフト社に問い合わせした方もいらっしゃるそうです。

素晴らしい行動力。私も見習います。

マイクロソフト社からの返答は「Windows 10の仕様」「将来のバージョンで変更される可能性があるが、現在のところ時期は未定」とのです。

 

 

マイクロソフト社が仕様を変更して頂けるのまでは、Windows 10ユーザーの皆様がこの地雷を踏まない様Ctrl+Zをうっかり使わないのが一番現実的なのかもしれませんね。

加藤 美香

1979年生まれ、プラム・イソシム合同会社 企画・広報担当。 都内某短大卒業後、一般企業経理課、中堅病院勤務、出産を機に退職。2児の母。 動物全般・自然が大好き、今は専ら動画で癒されている日々。 企業様へのマーケティング支援を日々勉強中。