出会いをつくる企業
梅のたよりBlog

社長と社員で織りなすマーケティングやらよもやま話。

バーチャルユーチューバー元年

マーケティング(WEB) | 2018/03/05


個人的にはのじゃロリ狐娘が一番衝撃的でした

マーケ屋の冨田です。

Web界隈では様々な動きが激しいのですが、昨年末あたりからバーチャルユーチューバーが盛り上がっております。

バーチャルユーチューバーってなに?

トークからおもちゃの紹介まで、Youtube上で動画を発表して視聴者を集めるユーチューバー。

最近は生身の出演でなく、CGの美少女・美少年キャラを使ったトーク動画で人気を集める方々が出てきました。あたかもそこにそのキャラクターがいるような仮想現実(Virtual Rearity)技術を使っているので、バーチャルユーチューバーと呼ばれているようです。

技術的には、UnityなどのツールでCGキャラクター作りにそれほど手間がかからなくなったこと、映画などの特撮に使われていたCGと体の動きを合わせることができるモーションキャプチャーが、Vive などのVR機器で手軽にできるようになりつつあることが背景にあるようです。

声については、プロの声優が担当していたり、音声合成を使って女性の声を出したり、美少女だけど声はおじさんだったりと、百花繚乱といった様子。

人気のバーチャルユーチューバー

この流れ、年末あたりから加速しておりまして、数週間で数十万人のチャンネル登録者を集める方がぼちぼち出始めます(2018年3月5日現在)。

  • キズナアイ(2016年12月〜) チャンネル登録者 157万人
  • 輝夜月(2017年12月〜) チャンネル登録者 53万人
  • ミライアカリ (2017年10月〜)チャンネル登録者 48万人
  • 電脳少女シロ(2017年6月〜)チャンネル登録者 37万人
  • バーチャルのじゃロリ狐娘Youtuberおじさん (2017年11月〜)チャンネル登録者 25万人

上から4名はいわゆる美少女CG+声優さんで、商業ベースで展開されているようです。最後の「のじゃロリ狐娘」は美少女CG+コンビニアルバイトのおじさん(開設当初)が声という、まさに「試される大地」のような展開ですが、個人でも面白いものが作れるという意味で非常に興味深い事例です。

結構きそう?

これを書いていた正月の時点でバーチャルユーチューバーがどんどん出てきたなと思っていたのですが、さらに2ヶ月進んだ時点で参入者わんさかという感じです。

これはキャラビズなどとくっつくと、結構伸びて商売になるよなぁと強く感じます。

現状ではオリジナルキャラが多いですが、著名IPを使って予算をかけた案件も増えていくのではないでしょうか。

また、CGという特性を生かしてよりトークにとどまらない、手の込んだバーチャルユーチューバーアイドルユニットなど、様々な可能性を感じます。

冨田 茂

プラム・イソシム合同会社 代表社員、(公財)日本生産性本部 経営開発部 客員研究員など。1児の父で鉄道好き。1979年生まれ。信州大学経済学部卒業、東京工業大学大学院社会理工学研究科修士課程修了(学術修士)。日本生産性本部を経て、ICT・マーケティング・統計技術を核とした販路開拓・調査サービスを提供するプラム・イソシムを設立。